青春18きっぷ旅?(金沢→富山)鉄道ファンの隠れ聖地と元日からありがとうなコンカフェキャストたち

金沢→富山

金沢駅まで北陸新幹線が延伸したため、

ここから東はJRから第3セクター化した列車になります。

そのため、このエリアは青春18きっぷは使えません。

石川県内は「IRいしかわ鉄道」

富山県から「あいの風とやま鉄道」

富山駅の先の「泊」駅まで直通運転しているので、乗換不要。

途中、しっかりと検札がありました。

くれぐれも不正乗車はせぬよう…。

余談ですが、券売機の上に書かれている「路線図」が好きで、

初めて下車した駅では、ほぼ必ずと言っていいほど撮影します。

富山は鉄道好きなら密かに行きたい場所なんじゃないでしょうか。

海外感満載の路面電車に

かつて西武線特急「レッドアロー」として活躍したレトロな車体が

今は富山地方鉄道の車両として現役バリバリです。

路面電車を利用して港エリア「岩瀬浜」や

中心地エリア、「富山城」を巡る。

この日も早々にホテルの大浴場&サウナで寛ぎ、曲作り。

夜は流石に人恋しくなってきたので

街へ繰り出すことに。

1月1日から営業してくれていたコンカフェさん、本当にありがとう。

この正月で唯一、正月っぽいもの、食わしてもらいました。

治部煮っぽい(?)富山の(?)お雑煮(?)


今回のルート

青春18きっぷ旅?(金沢→富山)鉄道ファンの隠れ聖地と元日からありがとうなコンカフェキャストたち」への1件のフィードバック

  1. nami3348 さんの発言:

    富山はやはり行ってみたいです。富山地方鉄道の多数の路線は凄いですね。富山城までは見えるのはお得感あります。
    ふと、人恋しくなって旅先でコンカフェを探し出して行ってしまうクララさんの出撃速度は快速特急並ですね👍ダイヤが順調なようで何よりです。⸜♡⸝‍

    返信

nami3348 へ返信する コメントをキャンセル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。